感覚的カウンセリングから卒業!誰でも売り上げを伸ばせる方法とは?

2019-02-10


あなたのお店には、どんなスタイリストの方でも迷うことなく使える「カウンセリングのノウハウ」が存在しますか?確実に売り上げを伸ばすためには、誰が行なっても一定の結果が出せるノウハウが体系化されている必要があります。今回は、どうして売り上げが一定にならないのか、結果が出るカウンセリングとは何かについてご紹介します。

 

 

多くのスタイリストは自分の感覚でカウンセリングをしている!

 

本来ならば、誰が担当しても一定の売り上げが上がるようにしたいカウンセリング。しかし、多くのスタイリストは「言葉にできない自分の感覚」でカウンセリングを行なっている、というのが現状ではないでしょうか。売り上げを伸ばすスタイリストは「どうしてか分からないけど売れる」、反対に売り上げに伸び悩んでいるスタイリストは「どうしてか分からないけど売れない」感覚で仕事をしているということなのです。

 

もし、確実に一定の売り上げを上げられる方法が体系化されていたら?誰が担当しても結果が出るカウンセリングのノウハウを共有することで結果的に自分とサロンを成長させることができます。

 

 

カウンセリングの3つのステージでお客様のニーズを満たそう!

カウンセリングとは、セールスの要素を強く含んだお客様との会話の場面でもあります。多くの方は、「セールス」という言葉に違和感をお感じになるかもしれませんので意味の確認をしておきましょう。セールスとは、「お客様のニーズを理解して最適な商品やサービスを提案し、それに対してお金を払うかどうかの意思決定をするところまで導くこと」です。カウンセリングの場面は、お客様に提案するのに絶好な機会と言えるでしょう。

 

では、お客様を導くためのカウンセリングの3つのステージをご紹介します。

 

1.お客様のニーズを明確にする

2.ニーズを満たすための具体的な提案をする

3.提案内容の細部をすり合わせ決定に導く

 

これらを丁寧に行なうことによって、キャリアの長さに関係なく、着実に売り上げを上げることができるようになるでしょう。

 

 

まとめ

感覚的に接客を行なうことが、売り上げに繋がりにくくなっている原因だとお分りいただけたでしょうか?次回は、今回取り上げたカウンセリングの3つのステージについて、さらに詳しくご紹介します。

 

参考書籍:「驚異のカウンセリング会話術」 橋本 学 著

 

関連記事:

お客様の心をつかむカウンセリングとは?話のわかる美容師を目指そう

カウンセリングの知られざるコツとは?女性の心理を理解しよう!

お客様の上質世界 を理解した接客で指名を獲得して売上につなげよう

お客様の不満や悩みを理解するために最初にかける言葉を見直そう!

求めるのは「きれい」よりもお悩み解決?!ニーズを的確に判断しよう