優秀なスタッフが辞めてしまう…。褒め方のコツでずっといたいお店へ

yukiyo_takahashi

更新日:2018.12.17

    何でもできて「この人に任せておけば大丈夫。」という優秀なスタッフの方には、可能な限りお店に残って欲しいと考えるでしょう。しかし、優秀なスタッフの方ほど辞めてしまうことはありませんか。今回は、優秀なスタッフの方が残ってくれるお店にするために、原因と褒め方についてお伝えします。

    いて欲しいスタッフが辞める理由

    このままお店にいて欲しいと思う優秀なスタッフの方ほど辞めてしまうという状況は、美容師以外の仕事でも共通して言えることでしょう。辞める理由は人それぞれではありますが、なぜ優秀なスタッフの方は辞めてしまうのか考えてみてください。

     

    優秀なスタッフの方は自立しており、1つ言えば10のことをしてくれる。そんな心強い存在かもしれません。そのため、安心しきってしまい、何でも自分でできるだろうと信じてしまうことがあるでしょう。

     

    逆に、手のかかるスタッフの方がいれば、その方へのフォローに力を入れることになります。当然のことかもしれませんが、優秀なスタッフの方が辞めてしまう理由はここにあるのです。

     

    つまり、自分がいる必要性を見出せなくなったり、困ったことを相談しにくくなったりしてしまいます。そして、結果的に「このままいる必要はないだろう。」と感じて辞めてしまうのです。

     

    お店の今後のことを考えても、優秀な人材を失うのは大きな損失です。ではどのようにしたら、優秀なスタッフの方が残りたいと感じてくれるのでしょうか?

    未来に向けた褒め方でやる気アップ!

    優秀なスタッフの方は自立しているため、安心しきってしまうことがあるとお伝えしました。つまり、優秀なスタッフの方にとって、放って置かれていると感じてしまう状況となっているのです。

     

    どんな人でも「あなたの頑張りをいつも見ているよ。」と感じられる言葉があれば、気にかけてくれていると感じやる気も変わってきます。

     

    そこで、褒め方を「見守ってもらっている。」と感じられるように変えてみてください。しかし、何でもかんでも褒めればいいというわけではないのです。褒め方には、コツがあります。

     

    コツは今できていることではなく、未来につながる褒め方をすること。つまり、可能性を褒めることで、自分が必要とされていることや、見守ってもらっていることを感じられるようになります。

     

    例えば、

    「いつもミーティングでみんなが意識できるように今月の目標について話してくれているね。目標達成ができたのは、いつもあなたが声をかけてくれたお陰だよ。ありがとう。」

     

    「あなたのセンスはステキだね。このままスキルを磨いていったら、さらにステキなスタイルが作れるようになるよ。これからのあなたの成長が楽しみだね。」

     

    といったように、見守られていると感じられたり、可能性を褒められたりすることで、優秀なスタッフの方もお店に自分の居場所を感じられるようになるでしょう。

    優秀なスタッフの方も安心できるお店へ

    どんな人でもその場にいる必要性や意味、つまり居場所があることで「このお店で働きたい。」と感じられるのではないでしょうか。しかし、優秀な人材だからこそ、安心しきってしまい気づけばできることが当たり前で褒めることさえ忘れてしまっているかもしれません。

     

    未来の可能性を褒めることを意識して、優秀なスタッフの方も安心して働ける環境づくりをしてみてください。

    参考書籍:佐藤 康弘『美容室「幹部」の教科書』同文舘出版,2017年

    Related