募集をしても人がこない時代。まずは採用への考え方を変えよう!

yukiyo_takahashi

更新日:2018.09.03

    お客様が増えスタッフの方も成長してきたころ、「そろそろ人手が足りない」と感じて人手不足を心配する方が多いでしょう。しかし、人手が足りないからと募集をかけても、なかなか人はきません。人手不足の時代だからこそスタッフ募集をする前に、まずは考え方を変える必要があります。

    採用するタイミングを迷うとき

    スタッフ募集をしようと考えたとき、あなたはどのタイミングで募集を行ないますか?

     

    単純に考えて、人手が足りないから募集するという流れが一般的でしょう。しかし、現在は、美容業会だけではなく、どの業種も人手不足の時代。このような時代に人が足りなくなってから募集をかけて、果たして人はくるのでしょうか?

     

    答えは、来ません。

     

    スタッフ募集のタイミングを迷う理由として考えられるのは、人件費と生産性です。

     

    特に、人件費は経営に大きく影響しますから、来店してくださるお客様の状況やスタッフのスキルなど、総合的に判断する必要があります。

     

    そのため、採用するタイミングを迷い、募集をかけるのは本当に人手が必要になったときとなっていると考えられます。

    採用は経営全体で計画的に

    では、どのタイミングで採用を考えたらいいのでしょうか。

     

    それは、人手が不足する前からです。

     

    「どうして?」と思っていませんか?

     

    先ほどお伝えしたように、人手が不足してから募集をかけても、今の時代人はきません。また、人手不足だけではなく、人を雇えば経費も増えますから、経営全般で考えなければいけません。

     

    つまり、スタッフの方を採用するためには、事前に準備が必要なのです。

     

    具体的には以下の3つの点を検討しましょう。

    • 預貯金は月商2ヵ月分以上あるか?
    • 人件費は50%以下になるか?(または自分の報酬で調整可能か?)
    • 上記ギリギリでクリアした場合、その期間は?

    NO LIMIT(鈴木淳也、大河内隆広、西川礼一)『サロン成長戦略会議』株式会社髪書房,2017年,p159より引用

    人手が不足したから募集をかけて人が来たとしても、そこからお店の理念や経営方針など、教育が必要になります。教育期間が終わって、「合わないから」と辞めてしまう場合もあるでしょう。

     

    やっと採用できたスタッフの方が途中で辞めてしまえば、再度募集をする必要が出てきますから、いつまでも人手不足が解消しない悪循環に陥ってしまいます。

     

    だからこそ、必要な人材を確保するためには、早い段階からの準備が重要なのです。

    先手必勝で採用しよう

    スタッフ採用をしたいからと言って、どんな人でもいいというわけではありません。

     

    必要な人材を確保するためにも、人手不足を感じてからではなく、早めに準備をして募集をかけるといった計画的に動くように考えを変える必要があるのです。

     

    また、早めに準備をして必要な人材を確保できれば、教育をしていくことで任せられるスタッフの方が増えることにつながります。そうすれば、将来的に店舗拡大へと繋がっていく可能性も増えてくるのです。

     

    スタッフ採用については、将来を見据えながら先手必勝で準備をするように心がけてください。

    Related