【コロナ対策実施店】そろそろオレンジの髪色にしてみる?乗り換えがおすすめな理由7つ

グレージュの次はオレンジ色?

ここ数年、グレージュ人気が不動ですが、そろそろ違う色で空気感を変えたくなってきた方も多いのではないでしょうか。 トレンドを取り入れるなら、次にねらいたいのはオレンジ色。 今回は、いま最も新鮮な“オレンジ色のヘアカラー”を、おすすめの理由とともにご紹介します。

理由1 日本人の髪に向いている

紹介画像

日本人の髪には、もともとオレンジや赤の色素がふくまれています。 生まれ持った髪色を活かして染めるので、オレンジ色のヘアカラーは色持ちがよく、長く楽しむことができるんですよ。 出典先:ARINE

理由2 外国人風カラーの“差し色”に最適!

紹介画像

外国人風のアッシュ系やシルバー系は青味のあるヘアカラーで、実はオレンジ色と真逆。 これを“補色の関係”といって、正反対の二色がお互いを引き立てあってくれるのです。 インナーカラーでメリハリのあるコントラストを楽しんで。 出典先:isuta

理由3 グレージュからのチェンジがしやすい

紹介画像

ここ最近ずっとグレージュで染めている髪にオレンジ色をオンすると、適度なくすみ感のある“スモーキーオレンジ”に変身。 履歴の影響を受けやすいヘアカラーの特性を活かして、無理なくシフトできます。 出典先:folk

理由4 髪を健康的に見せてくれる

紹介画像

ブリーチをくり返した髪も、オレンジ色に染めることでツヤがよみがえり、ダメージをカバーして見せてくれます。 出典先:lamire

理由5 肌がキレイに見える

紹介画像

血色が良く見えるオレンジ色は顔映りがよく、肌の色をトーンアップして白く見せる効果が期待できます。 出典先:Pinterest

理由6 ナチュラルテイストの人でも取り入れやすい

紹介画像

「流行は気になるけど、“いかにも”なのは気恥ずかしい。」という方も、オレンジブラウンなら大丈夫。 自然な色合いなので、ナチュラルに違和感なくなじみます。 出典先:MERY

理由7 その気になれば“パンチ”を効かせられる

紹介画像

突きぬける“責め”のオレンジ色は強烈なアクセントとなり、遠くからでも目立つことまちがいなしです。 出典先:HAIR [ヘアー]

まとめ

オレンジ色は色調の幅が広く、どんなスタイルにも自然に溶け込んでくれます。
新顔ヘアカラーで別格の存在感を見せつけてくださいね!