【コロナ対策実施店】時代は “ゆるミックス”! ぶきっちょさんでもできるコテ巻き最前線

ゆるミックスとは?

内巻きと外巻き、リバース巻き(顔と逆方向に巻くこと)とフォワード巻き(顔に向けて巻くこと)など、違う巻き方を組み合わせて、ゆるく仕上げるコテ巻きテク。 無造作な動きを出したり、立体感のある仕上がりにしたりするのに向いています。 髪をミックス巻きにすると、“ガーリーなのにカジュアル”、“フェミニンなのにモード”といふうに、全体のコーディネートにも化学変化が。 今回はトレンドのミックス巻きをレングス別にご紹介します。

ゆるミックス巻きショート

紹介画像 紹介画像

ショートヘアに向いている“ふわふわミックス巻き”は、表面のほんの一部を巻くだけでオッケー。 外国の少年のような“いたずらっ子スタイル”ができあがります。 毛束を厚くとって巻くと、余分なふくらみが出てトレンド感がなくなってしまうので注意。 出典先(上):HAIR [ヘアー] 出典先(下):Pinterest

ゆるミックス巻きボブ

紹介画像 紹介画像

ボブには“外ハネミックス巻き”で毛先を遊ばせるのがてっぱん。 すそを外ハネベースにして、つむじ周りをウェーブで飾りつければ完成です。 遊び心いっぱいのフレッシュな印象に。 出典先(上)Instagram 出典先(下)HAIR [ヘアー]

ゆるミックス巻きミディアム

紹介画像 紹介画像

髪を水平に分けとり、外巻きと内巻きをつみ重ねる“ワンカールミックス巻き”。 カールがぶつかり合うことで無造作な動きが出ます。 動きに合わせてゆれる毛束は、それだけでモテ感をアップしてくれそう。 出典先(上)MINX 出典先(下)Instagram

ゆるミックス巻きロング

紹介画像 紹介画像

動きの出にくいロングには、“ウェーブミックス巻き”がおすすめ。 エアリー感のある毛流れで変化をつければ、“脱マンネリ”できます。 とれかけくらいがちょうどいいトレンド感。 出典先(上).Rasysa 出典先(下)美的.com

まとめ

ゆるミックス巻きは、肩肘はらない“脱力感”がウリ。
失敗してもかえって様になるので、ぶきっちょさんにも取り入れやすく、忙しい朝も時短できる便利なテクです。
ぜひお試しくださいね。