2020夏にネイビーカラーを試すべき3つの理由

ネイビーカラーとは?

紹介画像

一見黒なのになんとも言えない透明感と深みのあるヘアカラー。 暗めなのに地味にならず、ほかの人とはちょっと違う特別感を出すことができるので、いま美容室でもオーダーされる数が急上昇しています。 今回は、そんなネイビーカラーがこの夏イチオシな理由をまとめました。 出典先:BELCY

理由1 ファッショントレンドと相性がいい

紹介画像

2020夏のファッショントレンドは、やわらかなベージュやくすみ感のある水色など、淡い色を使ったアイテムが主流。 その他にもとろみ素材のボウタイブラウス、色落ちデニムやドット柄ワンピースなどが注目されていて、深みと透明感のあるネイビーの髪色と相性バッチリ。 適度な肌見せをしても上品で女性らしい魅力を引き立ててくれます。 出典先:Daily MORE

理由2 カラー剤を作っている各メーカーがネイビーカラーに注目している

紹介画像

実は、日本人の髪でこの暗めの青を出すのはとっても難しいのですが、ここ1年ほどの間にこの問題をクリアしてくれるカラー剤が続々と登場しています。 たとえば以前から人気のあるイルミナカラーは、去年「ディープシー」を出しましたし、2020年2月に新発売されたばかりのエヌドットカラー〈ファッション〉も、注目色として「インディゴ」を発表しました。 この新色のおかげで、日本人独特のオレンジ味をおさえた透明感のある青味を出すことができるようになったんですよ。 ネイビーカラーをオーダーして、「せっかくブリーチまでしたのに、余分なにごりが出て、ただの黒染めになってしまった」なんてことにもならないのでもう安心。 出典先:REVO

理由3 日差しの強い夏でも色持ちがいい

紹介画像

出典:httpsarine.jparticles19596 どんなに色持ちのいいカラーでも、シャンプーをくり返したり、強い紫外線を浴び続けたりすると退色してしまいますが、ネイビーカラーは濃い色なのでもちが良く、永く楽しむことができます。 まわりの人が色落ちして明るい髪色になっている中で、深みのあるネイビーカラーは一目置かれる存在に。

まとめ

いかがでしたか?

カラー剤は日々進化しています。
ネイビーカラーで自分史上一番カワイイ髪色にしてみませんか?