マネジメント 経営お役立ちPick

小規模店舗だからこそ見直そう!最低限のルールで幸せなお店へ

小規模でアットホームな感じの美容室の場合、お店のルールは必要だと思いますか?もしかしたら、小規模だからこそ意思疎通がしやすいと感じて、ルールの必要性がわからないかもしれません。しかし、トラブルが発生したとき、一定の基準が決められたルールがあることで、きちんとした対応ができるようになるのです。今回は、小規模店だからこそ、みんなが幸せだと感じられるお店を作るためにルールが必要な理由をお伝えします。

最低限のルールが働きやすい理由

あなたのお店では、どのようなルールがありますか?もしかしたら、小さいお店だからとルールがあるようでないという方もいらっしゃるかもしれませんね。   また、美容師の仕事は、クリエイティブな仕事。だからこそ、学校のようなルールがあることは、お店が窮屈な場になるかもしれないと考えてしまうこともあるでしょう。   しかし、スタッフの方がいたり、2店舗目のお店を目指していたりするのであれば、最低限のルールは必要になります。   ここで、質問です。ルールは何のために必要だと思いますか?   答えは、スタッフの方の働きやすさであり、お互いが幸せに過ごすためです。   例えば、お客さまとのトラブルがあったとします。ルールがない場合、スタッフの方が相談したときによって、返事や対応が違ってくることが起きてしまいます。   日によって、または店長の気分によって対応が違うとどうなるでしょうか。スタッフの信頼はもちろん、お客さまからの信頼も失ってしまいます。   これに対して、ルールがある場合は、トラブルが起きたとき同じ対応ができるようになりますので、信頼関係を築けるだけでなく、スタッフの方が安心して働きやすくなるのです。

ルールを1番に守るべき人とは?

しかし、ルールがあってもどうしても破る人が出てきます。「ルールは破るためにある」という考えの方もいるくらいですから。また、ルールを作った本人である店長が破ってしまうということもあるでしょう。   しかし、先ほどお伝えしたように、最低限のルールが必要な理由は、スタッフの方の働きやすさであり、お互いが幸せに過ごすために必要だからです。クリエイティブな仕事であれば、今あるルールがお店にあっているのか考えることは必要になります。   しかし、あなたがお店のルールを簡単に破ってしまったり、気分で対応が違ったりすることが起きてくれば、スタッフの方からの信頼を失い、結果的にはお客さまの信頼を失うことにもなるのです。   より良いお店にするためにも、1番に店長であるあなたがルールを守るようにしましょう。

みんなが幸せなお店づくりのために

お店の最低限のルールがあることで、お互いが働きやすくなりより良いお店づくりへと繋がっていきます。また、決めたルールを店長であるあなたが率先して守ることで、お店の理念や方向性も共有されやすくなるのです。   しかし、人は自分に一番甘くなってしまい、「このくらい、まぁいいか。」という意思決定をしてしまいがちです。これによりスタッフの方との信頼関係が崩れてしまいお店が窮地に追い込まれては、元も子もありません。   あなたも、スタッフの方も、そしてお客さまも幸せだと感じられるお店にするために、最低限のルールを作り守るようにしてください。 参考書籍:佐藤 康弘『美容室「幹部」の教科書』同文舘出版,2017年