経営お役立ちPick

髪をカットする場所から一歩先へ!来店回数を上げるテクニック

お客様にとって美容室というと、髪をカットする場所やパーマをかける場所といった、必要なときに行く場所という認識の方が多いでしょう。そのため、必要になるまで美容室へ行く機会はありません。どのようにしてお客様に美容室へ足を運んでいただくのか?来店の回数を上げるテクニックについてご紹介します。

美容室への意識改革

いきなりお客様に来店していただく回数を増やすテクニックを考える前に、まずは、お客様の美容室へのイメージを変えていただくことを意識してください。

多くのお客様の美容室へのイメージは、カットやパーマなど必要なときに行く場所であり、短い間に定期的に行くという意識は少ないでしょう。そのため、来店していただく回数は少なくなりがちです。

お客様に短い間に定期的に来店していただくためには、まず美容室は必要なときに行く場所ではなく、髪をキレイにするために行く場所、つまり『メンテナンスに行く場所』と意識を変えていただくことが必要です。

では、どのようなサービスを提供すれば、お客様の美容室への意識は変わるのでしょうか?

他業種のサービスをヒントにしよう

お客様が美容室をメンテナンスの場所と意識していただくためには、「美容室に行くと髪がキレイになる」と感じていただくことです。キレイになれると感じていただけることで、必要なとき以外でも美容室へ行くようになり、来店回数が増えていきます。

そのためには、トリートメントや前髪のカットなど、無料でできるメンテナンスのサービスは効果的です。ただし、あまりにも労力がかかったり時間がかかったりするサービスは、メインの施術に影響が出てしまうので注意しましょう。

また、無料のメンテナンスだけではなく、また来たくなるような仕掛けも有効です。

来店ポイントだけではなく、美容室以外の業種で行われているサービスを参考にして、新しいサービスを提供するのもお客様がワクワク感を持てます。

例えば、髪をキレイにできるドライヤーなどの家電のレンタルを行えば、借りるときと返すときで来店回数が増えて、お客様もお得に感じられるでしょう。

参考書籍:鈴木和敏『脱・職人経営』株式会社髪書房,2018年

お客様が来たくなる美容室へ

お客様の来店回数を増やすためには、お客様の美容室への意識が「髪をキレイにすること」に変わることが必要です。

そのために必要なサービスを提供することで、あなたもお客様もお互いwin-winの関係を築けます。

本来提供しているサービスに負担がかからない範囲で、お客様が来店したくなるようなサービスや仕掛けを考えてみてください。