新人育成 経営お役立ちPick

新人育成は段階の見極めが肝心!ステージに合わせた指導をしよう

スタッフの方の育成を始めるとき、「どこまで言えばいいのだろう?」「あまり厳しくするとすぐ辞めるかも…。」と悩んでいらっしゃいませんか。今回は、スタッフの方の育成について段階に応じた指導方法をお伝えします。スタッフの方のタイプも考慮しながら、参考にしてみてください。

新人を育てる3ステップ

指導しようやく仕事にも慣れてきたという頃に辞められてしまっては、元も子もありません。新人のスタッフの方を育てていくためには、指導のコツがいります。まずは、段階に合わせて以下の3ステップで指導してみましょう。  
  • ステップ1・・・仕事や自分の成長を楽しめるような接し方をしよう。
採用したての頃は、右も左もわからないのは当然です。そんなスタッフの方が少しでも仕事に慣れるためにも、まずはお店や店長、先輩を好きになってもらうが必要です。   「このお店ならうまくやっていけそうだ。」という安心を感じられるように、スタッフの方に接するようにしてください。  
  • ステップ2・・・できたことを褒める。
お店や店長、そして先輩を好きになってくると、「少しでも役に立てるようになりたい。」という気持ちが強くなってきます。この段階に入ったら、小さなことでもできたことを褒めるようにして、認めてもらっているということをスタッフの方が実感できるようにしましょう。  
  • ステップ3・・・仕事の量を増やして力をつける。
褒められることでやる気が高まってきた頃に、少しずつ仕事の量を増やしていきましょう。この段階では、どこまで自分が対応できるのかを実感してもらいます。   できない悔しさは、次への成長へと繋がるでしょう。また、自分の力を知り壁を乗り越えられることで、自信をつけることもできます。

さらなる成長のための接し方

3ステップで指導をしたことで成長が見られたら、さらなる成長を願うのは当然のことです。また、将来お店を任せたいと思えるほどの優秀な人材であれば、今後の指導によって成長も変わってきます。では、どのような接し方をしたらいいのでしょうか。   仕事に慣れ自信を持てるようになってきた頃、どうしても自分の力を過信しすぎてしまったり、気持ちが緩みすぎたりということが出てきます。こういうときは、いくら優秀な人材だとしても間違っていることは叱って指導をしましょう。   そうすることで、将来お店を任せられるような後輩を引っ張っていく人材へと成長できるのです。もちろん叱るためには、日頃の信頼関係が成り立っていることが前提です。信頼関係がないなかで叱った場合、あなたから離れてしまいますので注意しましょう。   ここまで成長できたら、最後にスタッフが望むことはできるように応援してください。成功や失敗を体験することで、さらなる成長へと繋がります。

信頼関係を築きながら育成しよう

スタッフ育成をする際、どうしても自分の経験値で指導をしようとしてしまいがちです。しかし、時代もタイプも違う場合、あなたが受けてきた指導が合うかというと、そうとは限りません。   今回ご紹介した3ステップを参考に指導方針を考えてみてください。また、将来的にお店を任せたいという優秀なスタッフの方には、さらなる成長へと導けるように指導をしていきましょう。   人材育成はとても難しいと感じるかもしれませんが、信頼関係ができているのであれば、あなたの想いはスタッフの方にも届きます。まずは信頼関係を築きながら、育成をしていきましょう。 参考書籍:佐藤 康弘『美容室「幹部」の教科書』同文舘出版,2017年