新人育成 経営お役立ちPick

自信を育てて確信を持つプロへ!講師業で自信を育てる機会を作ろう

スタッフの方の中でスキルも知識もあるのに、なぜか自信を持てないというタイプの方はいませんか?あなたが自分に自信を持てるタイプの場合、そのスタッフの方がなぜ自信を持てないのかわからないかもしれません。今回は、スタッフの方の自信をつけるためにできることをご紹介します。

スキルも知識もあるのに売れない理由

スタッフの方の中に、「スキルも知識もあるのになぜか売れない。」という方は少なからずいるでしょう。特に、店販は優秀なのに売れないというのが顕著にわかります。では、どうして優秀なスタッフにもかかわらず売れないのでしょうか?   そこには自信のなさが影響しています。お客さまにとっていいものだとわかっていても、自信のなさによってうまく勧められず、結果的に売れないということが起きているのです。   逆に、優秀なスタッフよりもスキルや知識が劣っていたとしても、自信があれば店販は売れるということも起きているのではないでしょうか。   つまり、自信を持ってお伝えできるスタッフの方からの言葉であれば、お客さまは信頼してくださるということになります。それほど、「自信」は大きく影響しているのです。では、どのようにしたら自信を持てるようになるのでしょうか?

自信を育てる最短の方法

自信を持てるようになるために効果的なことは、誰かに「すごいね!」「いいよ!」と認めてもらえること。そして、この認めてもらえるという経験が積み重なっていくことで、少しずつ自信を持てるようになっていくのです。   そこで、お店で自信を育てるために最適な方法が講師をしてもらうことです。   学校教育を思い出すと、苦手なことをできるようにすることに力を入れているイメージが強いかもしれません。しかし、自信がないタイプの人にとって、苦手なことに取り組むことは、できないを積み上げることが多くなります。   できないことの積み上げは、さらに自信をなくしてしまい逆効果なのです。   そこで、できること、つまり得意なことを伸ばしていくことに力を入れてみてください。スタッフの方の得意なことで他のスタッフの方へ講師をしてもらいましょう。   得意なことであれば、積極的に取り組めるようになり、「勉強になったよ」と褒めてもらえることでスタッフの方の自信も育てられます。

自信を確信へ変えてプロフェッショナルへ

自信を育てるためには、他者から認めてもらえることはとても効果的です。お店でできる最短の方法である講師をスタッフの方が得意なことで任せることは、自信が育つだけではなく、得意がさらに得意となりプロへと成長していきます。   そして、スタッフの方が成長することは、さらにあなたのお店もよくなっていくのです。自信がないタイプのスタッフの方がいらっしゃったら、とにかく焦らずじっくり見守ってください。そして、自信を育てられるようにチャンスを作りながら応援するようにしましょう。 参考書籍:佐藤 康弘『美容室「幹部」の教科書』同文舘出版,2017年