マネジメント 経営お役立ちPick

繁忙の時ほどオペレーションしやすい道具と情報の整理が生産性を上げる

日々、たくさんの「やらなければいけないこと」に追われている美容師の方々。しかし、経営者の立場からは、忙しいときほど効率的に動いて生産性を上げて欲しいと思われるのではないでしょうか。   今回はどのような整理整頓をすれば、スタッフの方々が困らずに生産性も上げられるのかをご紹介します。  

動線を考えた定位置が効率アップに!

店内の環境が整理されていないお店からは、生産性アップは望めませんね。スタッフの方々にとっては、忙しい時間帯ほど店内を美しい状態に保つことは難しいと感じるのではないでしょうか。しかし、忙しいときほど生産性を高めるために、効率よく整理したいもの。普段から「忙しいとき」を想定した動線をイメージして片づけを行うようにしましょう。  

収納場所が必要なものは定位置を決めて生産性を上げよう

  • ワゴン オペレーション時には欠かせないワゴンも、営業中に絶妙に動線を邪魔していませんか?棚の下に収納できるようにするなど、必要なとき以外はしまえる工夫をすれば店内はスッキリします。
  • 毛くずのゴミ箱 カットが終わったら、掃いておかなければお客様が踏んで移動することになります。受付カウンターの下に簡易的に段ボールを置いてそこに毛くずを集めておくようにすると、小まめな清掃が習慣づきます。
  • お客様のカルテ お客様と一緒に移動させたいものですが、見えてしまっては困ることもあるでしょう。椅子にフックを付けてかけられるようにすれば、探すこともなくなります。
  • クロス・肩掛けタオル・ドライヤー・鏡 ワゴンに乱雑に置いてしまっては印象が良くありません。セット面まわりに吊るしておけるようにするなど、定位置を決めておきたいですね。
 

情報の整理でお待たせするお客様は減らせる!

  整理しなければいけないのは、道具だけではありません。顧客情報も同じように整理しなければ、せっかく来店してくださったお客様を席でお待たせしてしまうことにもつながってしまいます。   席にご案内しても、いつから待っていらっしゃるのか、誰のお客様なのかが分からなくなってしまってはお客様が不満を抱える原因になってしまいます。そのような場合には、受付やセット面まわりに工夫をして、誰でもいつでも確認できるように見える化してしまいましょう。   例えば、席にご案内した時点でセット面に担当者名を表示します。これで、誰がどのお客様を担当しているかがはっきりします。そして受付には、セット面の使用状況を把握するため、配席ボードを設置してみてはいかがでしょうか。合わせて来店時間も記入しておけば、いつから待っていらっしゃるのかと慌てることもなくなるでしょう。  

まとめ

さらなる生産性の向上を望んでいるのであれば、店内環境や顧客情報の適切な整理整頓は不可欠だとお分かりいただけたでしょうか?   スタッフの方々が忙しく働いているときでも、お店の中のきれいを保てていればお客さまからは良い印象を抱いていただけるでしょう。きれいを保つことでスタッフの方全員が気持ちよく働け、それがモチベーションアップにもつながりますね。動きやすく店内の環境を整えるための参考にしてみてください。   参考書籍:美容室の現場力 藤原 花妃 著   関連記事: 成果が上がる環境とは?お客様もスタッフも快適であることが要件! 利益は美容室とスタッフの未来のために使われる!認識を共有しよう! また来たい!が利益を安定させていく!支持され続けるお店をつくろう 疲弊するだけの生産性アップは卒業!業務の見直しと環境の整備を! 生産性アップには役割分担!BCやレセプションはリピートの立役者に 予約時間はコントロールできる!5分刻みの時間設定で混雑を避けよう