マネジメント 経営お役立ちPick

伝えたことが理解されない…。事前準備と伝え方を見直してみよう!

スタッフの方に一生懸命伝えているのに、なぜか反応がよくなかったり、同じことを繰り返し伝えているのに伝わらないと感じたりという経験はありませんか。そのようなとき、どうしても相手に理由を求めがちですが、伝え方に原因があるかもしれません。コミュニケーションの行き違いが起きやすい伝え方から原因を知り、どのような伝え方をしたらいいのか、考えてみましょう。

こんな伝え方していませんか?

スタッフの方にアドバイスやお店の方針など、大切なことを伝えるとき、あなたはどのように伝えていますか?   スタッフの方の中には、「店長から話しかけられる」というだけで、萎縮してしまったり緊張してしまったりする方もいらっしゃるかもしれません。   スタッフの方のことを思いやる気持ちがあるからこそ、遠回りな言い方や例え話など、傷つけないような伝え方をしているのではないでしょうか。   しかし、スタッフの方を思っての言動にもかかわらず、伝わっていなかったり、理解してもらえなかったりと裏目に出てしまっているかもしれません。   逆に、わかりやすいようにストレートに伝えているものの、思いついたらすぐに伝えてしまうことで、あなたが何を伝えたいのかスタッフの方が混乱してしまっていることも考えられるでしょう。   とてもいいアドバイスや方針であっても、スタッフの方に理解されなければ意味がありません。また、理解されないことが続けば、スタッフの方が安心して仕事を続けることも難しくなります。   では、どのような伝え方をすれば伝わるのでしょうか?

事前の準備をしてみよう!

スタッフの方にわかりやすく伝えるために、まず事前準備をしましょう。   事前準備とは、伝えたいことを紙などに文章で書くことです。   書くことのメリットを3つあげると
  • 伝えたいことが明確になる。
  • 頭の中が整理される。
  • 客観的に伝えられるようになる。
です。   また、文章にすることで感情的な言葉で伝えるのを防ぐこともできます。   次に、伝え方ですが、伝える順番で伝わり方が大きく違ってきます。効果的な伝え方は、先に結論、次に理由を伝えるです。   最初に理由から入ると「結局何を言いたいのかな?」と話のゴールが見えません。しかし、結論から伝えることで、あなたが言いたいことがすぐに伝わります。そして、結論の次に理由を伝えれば、内容の理解がさらに深まるのです。   このように事前準備や伝え方を意識すれば、スタッフの方にも伝わりやすくなり、安心や信頼関係も築きやすくなります。

伝え方を意識して強力なチームへ

伝えたいことが伝わりやすくなると、お互い安心し信頼関係を築けるようになります。そうなれば、お店全体でまとまることができ、強力なチームとして目標に向かって行動しやすくなるでしょう。   円滑なコミュニケーションが取れるようになるためにも、事前準備と伝え方を振り返り改善してみてください。 参考書籍:佐藤 康弘『美容室「幹部」の教科書』同文舘出版,2017年