マネジメント 経営お役立ちPick

完璧を求めないで!信じて自発的なスタッフを育てよう

仕事ができる人であればあるほど、毎日が忙しく自分の時間も心も余裕がないかもしれません。また、お店にスタッフの方が増えても、仕事が減るどころか増えていると悩んでいることもあるでしょう。どうして忙しい人がさらに忙しくなるのか。それにはどの職種でも見られる共通の理由が考えられます。

ひとりで抱え込んでいませんか?

「仕事が忙しい」「スタッフが動いてくれない」と悩んでいる方の場合、どのような理由があると思いますか?   考えられる理由として、
  • 店長は美容師の仕事だけではなくお店の経営もあるから。
  • お客様が多いから。
  • スタッフの方が不足しているから。 など、さまざまです。
  しかし、それだけではなく、あなた自身に課題があることもあります。   自分に理由があると言われると、受け入れ難いと感じるかもしれませんね。しかし、あなた自身のためでもあり、お店のためでもありますから、少し耳を傾けてみてください。   忙しい方の悩みの大きな理由として、「仕事を人に任せられない」ことがあげられます。   では、どうして他の人に仕事を任せられないのでしょうか?

完璧を求めず受け入れ、フォローしよう

他の人に仕事を任せられない方の場合、仕事の完成度を高くし完璧を求めている場合があります。   美容師の仕事において、完成度が高いことを求めるのは当然です。しかし、それはお客様からの視点であって、スタッフの方に全てを求めるのは、できる方とできない方に分かれます。   そうなると、「任せられない」となりあなたの仕事が増えている状況を引き起こしてしまうでしょう。   スタッフの方に最初から高い完成度を求めるのは無理でも、今持っているスキルでできるところまでを任せる。そして、足りない部分をあなたやスキルが高い他のスタッフの方でフォローする。   このように少しずつできるところを広げていくような接し方をすれば、スタッフの方のスキルが上がり、自信を持てるようになるでしょう。そして、結果的にはあなたの仕事も減っていき、穏やかに仕事ができるようになるのです。

共感でみずから動けるスタッフへ!

店長になると、美容の仕事だけではなく、経営も含めてお店全体のことを考えなければいけません。そのため、ひとりで仕事を抱え込んでしまうと、ますます忙しくなり、スタッフ育成も難しくなるでしょう。   少しずつスタッフの方に仕事を任せることは、スタッフの方のスキル向上だけではなく、あなたの仕事ぶりや方針に共感しみずから動けて頼れる存在へと成長していくことにもつながります。完璧を求めずに、フォロー体制でお店もスタッフの方も育てていきましょう。 参考書籍:佐藤 康弘『美容室「幹部」の教科書』同文舘出版,2017年