経営お役立ちPick 経営全般

夢を実現させるための2つの要件とは?実現可能な目標で確実に前進!

前回までは、「経営革新計画の承認」を得るための申請書の作成や、どんな支援が受けられるかをご紹介しました。最初はぼんやりとしていたものがより鮮明になってきたのではないでしょうか。今回は、「経営革新計画の承認」を得るために必要とされる要件を2つご紹介したいと思います。新事業立ち上げの参考にされてみてください。    

経営革新に必要な2つの要件

「中小企業等経営強化法」による経営革新計画の定義は、『中小企業が「新事業活動」に取り組み、「経営の相当程度の向上」を図ることを目的に策定する中期的な経営計画書』(東京都産業労働局HPより)です。ポイントは2つ。「新事業活動」により「付加価値」をつけること、そして「経営の相当程度の向上」を実現させることです。

1.国が定義する4つの「新事業活動」

①新商品の開発または生産 ②新役務の開発または提供 ③商品の新たな生産又は販売の方式の導入 ④役務の新たな提供の方式の導入その他の新たな事業活動   これらのうち、いずれかに該当する新たな取り組みを行うことが必要です。今まで行ってきた事業をそのまま継続していくだけでは付加価値は生まれません。これからは、独自の顧客やマーケットを開拓し、自らの付加価値を高めた事業を行わなければ淘汰されてしまうでしょう。あなたの事業がどのように必要とされていくのかを考えてみてください。  

2.経営の相当程度の向上を目指そう

計画終了時に、大幅に黒字になっている必要はありません。経営革新計画の計画期間は3年間から5年間です。計画を立てる際には実現可能な目標を設定することが求められ、次の表の条件①と②の両方ともを満たす必要があります。   経営革新計画の目標伸び率
計画期間 条件① 「付加価値額」又は 「一人当たりの付加価値額」の伸び率 条件② 経常利益の伸び率
3年計画 9%以上 3%以上
4年計画 12%以上 4%以上
5年計画 15%以上

5%以上

東京都産業労働局HPより引用   ※付加価値額 = 営業利益 + 人件費 + 減価償却費 ※経常利益 = 営業利益 ー 営業外費用(支払利息、新株発行費等)    

まとめ

  今までの事業に加えて新たな事業を展開し、そこに一定程度の付加価値を与えていく、と一言で言っても、そう簡単なものではないでしょう。しかし、すぐに軌道に乗らなくてもいいのです。実現できるように計画を立て、既存の企業資産を生かして付加価値を与えていきましょう。企業資産とは社員の方々であり、設備のこと。あなたの事業を、社員全員で盛り上げてください。   参考書籍:「奇跡の美容室」鈴木 勝裕 著 参考サイト:東京都産業労働局 経営革新計画   関連記事: 時代が変わればニーズも変わる!美容業界で生き残るために何が必要? 知られざる中小企業を支援する制度とは?積極活用が事業を盛り上げる 意外にもハードルは低い?『経営革新計画の承認』の申請に必要なこと 計画倒れに終わらないために磨き上げよう!「信念+進化」を文章に! 事業を確実なものにするために!計画の実行と修正が必要な5つのこと 国の承認を得て経営力を上げる!経営革新計画の承認申請までの流れ 経営革新計画の承認後に申請するべき5つの「支援策」の内容とは?