リピート率UP 来店回数増加 経営お役立ちPick

その行動お客様を遠ざけます!予約とお勧めで通いたくなる美容室へ

理想のお客様に通い続けていただくために、あなたはどんなことをしていますか?もしかしたら、その行動がお客様を遠ざけているかも…。お客様が通い続けたくなるお店にするためにはどのようなことをしたらいいのでしょうか。

あなたの行動裏目に出ていませんか?

理想のお客様が通いたくなるお店にするために、あなたはどんなことをしているのでしょう。   もしかしたら、定休日をなくしたり、お客様の都合に時間を合わせたり、といったことをしていませんか?   お客様のためを思っての行動かもしれませんが、この行動がお客様の足を遠ざけてしまう場合があるのです。   理由は、「いつでも行ける」という気持ちにさせてしまっているから。   いつでも行けるなら、お客様にとっていいんじゃないの? と思いますよね。   しかし、「いつでも行けるから、予約はもう少し後でいいかな」と月に1度が2ヶ月に1度となり、だんだんと間隔があいてしまうことにつながってしまうのです。   では、どうすればいいのでしょうか?   それは、あなたの予定で定休日を設定したり予約制にすること。そうすることで、いつでもではなく「すぐ予約でうまるから、先に予約しよう!」となり、お客様の来店回数が増えるようになります。

勧誘することは自信の証

お客様が通いたくなるお店にするためには、勧誘も必要になります。しかし、「勧誘するのはちょっと苦手」と思っているスタッフの方もいるでしょう。   美容室に置いている商品について勧められたとき、お客様はどのように感じると思いますか?   「勧められるなら美容室に行くの辞めようかな」と思うのでしょうか?   洋服を買いに行ったとき、店員さんに勧められるのが苦手という話はよく聞きますよね。   しかし、美容室に来てくださるお客様は、髪を綺麗にしたいという意識がはっきりとしています。そして、行きつけの美容室で勧めてもらえた方が、商品への信頼度も高くなり購入しやすくなるでしょう。   逆に、勧めてもらえないと、お店の商品に自信がないと捉えられかねません。お客様の美しさに必要なものであれば、自信を持って勧めるようにしてみてください。

理想のお客様に向き合おう

お客様が来てくださるお店にするためには、いつでも通えるお店よりも、時間を限定した方が通いたくなることがわかりました。   また、取り扱っている商品を自信を持って勧めることで、お店への信頼度が高くなることも押さえておきたいことですね。   ただし、商品をお勧めするときは、お客様にとって本当に必要かどうか把握しておかないと嫌がられてしまいます。カウンセリングなどを通して、しっかりとお客様と向き合うようにしましょう。 参考書籍:向井 邦雄『お客様が10年通い続ける小さなサロンのとっておきの販促』同文舘出版,2018年