経営お役立ちPick

小規模サロン経営を安定させるために。仕組化とゆるさを意識しよう!

小規模サロンを経営する上で重要なのがスタッフのマネジメント。しかし、お客様が喜んでくださるサービスを提供するためにスタッフへの教育に力を入れ過ぎてしまうと、悪循環に陥ることも出てきます。経営が安定しスタッフがイキイキと働けるサロンにするためには、どのようなマネジメントが必要なのでしょうか?

仕組み化でゆるくマネジメント

オーナーが経営に専念したくてもできない理由は、スタッフに任せることへの不安があるから。 経営に専念するためには、美容の技術や集客など、スタッフ全員が身につけるように教育しようと考えるかもしれません。 しかし、小規模サロンだからとスタッフに求め過ぎると、スタッフは大きなプレッシャーを感じてしまうのです。 また、プレッシャーによりスタッフが育たないことは、オーナーであるあなた自身が経営に専念するのは難しいと感じてしまう原因にもなります。 そのため、あなたもスタッフも頑張り過ぎてしまうという悪循環が起きてくるでしょう。 みんなが働きやすい小規模サロンを実現するために必要なことは、『仕組化すること。』 具体的には、集客やお客様のリピート率アップなど、個人ではなく会社ができることは会社で負担し仕組化をします。 仕組化を促進し、スタッフの負担を軽くしながらゆるくマネジメントすることが大切です。

お客様のサービスを充実させよう

スタッフをゆるくマネジメントすると、どのような効果が出てくるのでしょうか? まず、スタッフ個人の負担が減るため、その分お客様への施術などのサービスに専念できます。 そして、スタッフ個人の努力や力量に頼らないことで、スタッフの入れ替わりがあっても、会社の経営が安定して回るのです。 経営が安定することで、スタッフの人材も人間関係も安定するという好循環が生まれます。 特に、できるスタッフは独立する確率が高いため、できるスタッフに頼らなくても回る仕組みを作ることは重要だと言えるでしょう。 参考書籍:鈴木和敏『脱・職人経営』株式会社髪書房,2018年

みんなでイキイキと働くために

小規模サロンだからこそ、オーナーが経営に専念しづらかったり、できるスタッフへ頼り過ぎてしまったりということが起きてしまいます。 しかし、経営を安定させるためには、なるべく仕組化することで個人の負担を軽くすることが必要です。 仕組化とゆるいマネジメントで、スタッフ全員がイキイキと働けて、お客様が喜んでくださるサロンを実現しましょう。