経営お役立ちPick

新規顧客獲得の為のコストとは?あなたのお店をブランディングして効率的にお客様を呼び込もう!

今までお伝えしてきた事は、客単価アップの方法と既存客のファン化を進める方法。 では今度は、新規顧客を獲得する為にはどうしたらいいのか、その方法に触れていく事にしましょう。 新しいお客様をあなたのお店に呼び込もうとする時、どの様な方法を取ろうと考えるでしょうか? SNSで積極的に店舗情報やブログを発信する事? クーポンをフリーペーパーやLINE@で発行する事でしょうか? どちらも魅力的なお店だという事が伝われば、効果はありそうですが、ただやみくもに行っているだけではコストばかりがかかる結果にもなりかねません。 では、あなたのお店を宣伝するには、どれくらいのコストをかけると損をしない、と言えるのでしょうか?  

気にしていますか?新規獲得の為に使えるコストは?

まず、新規顧客獲得の為にかけられるコストを計算してみましょう。 LTV=顧客生涯価値(一人のお客様が生涯にもたらす売り上げ)、この指標を活用します。   LTV計算式 平均客単価 ×       リピート率 ×        購買期間 (売上÷客数)(リピート客数÷新規客数)(失客と定義する期間) 例: ¥8,000× 0.9× 6(ヵ月)=¥43.200 上記の例は、お客様の単価が¥8,000、リピート率が90%、期間が6ヶ月間のLTVです。 2ヶ月に一度は来店されている事になりますね。 LTVが高ければ高いほど、経営やブランディングが順調にいっている、という事になります。 このうちの最大20%~30%が一人当たりの新規集客に使えるコストとなります。 お金をかければいい、というものでもありませんので、コストをかけ過ぎない集客の方法を考えていきましょう。  

使えるコストがはっきりしたら、ブランディングをしてみよう!

ではいよいよ集客、といきたい所ですが、その前にあなたのお店のブランディングをしてみましょう。 あなたのお店がターゲットにしているのは、どんなお客様でしょうか? そのお客様には、あなたのお店のどんなサービスを知って喜んでいただきたいですか? そして伝える為の方法とは? どんなお客様に何をどうやって伝えていこうとするのか。 これこそが小規模サロンが行うべき集客方法の第一歩です。 コストを極力かけない為には、SNSや広告のように「浅く広く」知れ渡ることよりも、ターゲット層に確実に届く方法で宣伝する事が重要です。 Market、Message、Media。 次回以降は、この3つを設定し、あなたのお店のブランディングを図っていきます。   参考書籍:脱・職人経営 鈴木 和敏著