経営お役立ちPick

あなたのお店をブランディング③信頼度を高めてさらなる集客を目指しましょう

メッセージを伝えるルートも確定し、SNSを経由して自社サイトへの誘導に成功したら、確実に予約を取って来店まで持っていきたいものです。 そこで今回は、自社サイトであなたのお店の価値をもっと高めるテクニックを2つご紹介したいと思います。 イメージ写真だけで作られたトップページからは、お店の本当の印象は伝わらないものです。 では、どんなページであればあなたが伝えたいものが伝わるのでしょうか?  

「顔出し」や「実名」で親近感や信頼性を上げましょう

スーパーの野菜のパッケージを例に考えて見ましょう。 〇〇産とだけ書いてあるトマトと、顔写真付きで『〇〇さんが作ったトマト』と書いてあるトマトであれば、多少値段が高くても後者の方を手に取ってしまうのはどうしてでしょうか? 顔写真や実名を記載する事で、人は安心感や親近感、信頼感を覚えます。 実名の記載はそれだけ責任が伴いますが、お客様にメッセージを届けたり、野菜の価値を上げるには有効な方法です。 美容室も同様です。 このメニューなら私にお任せ!という様に、顔出しでメニューをアピールしていけば、お店の雰囲気も伝わりやすくなりますし、メニュー自体の価値が上がる事でしょう。 加えて、可能であればお客様の声を顔出しで自社サイトに掲載することも有効です。 アンケートの手書き文字を載せるだけでも効果はありますが、お客様の顔を載せる事でよりリアリティが伝わり、その信頼性はぐんと上がります。  

「客観性」を持たせる事で信頼度をさらにアップ!

そしてもう一つ、信頼度を上げるテクニックは、「客観性を持たせる事」です。 客観性を持たせる事で一方的な発信となることを防ぎ、誰にでもあなたのお店の価値がイメージしやすくなります。 では、具体的にはどの様にしたら良いのでしょうか? 一つは、数字でアピールする事。 「スタイリングが楽になる」→「スタイリングが5分で終わる」 「大好評なメニュー」→「10人中9人がリピートするメニュー」 などといったキャッチコピーの様な数字を使った文章を入れると、具体性が増し、信頼性も増します。 もう一つは、第三者機関による評価を付ける事です。 「技術に定評がある」→「コンテスト3年連続優勝」 この様に、コンテストの賞の受賞経験やお墨付きを訴えかける事で信用性が増すという事実があります。 有効な方法はどんどん使い、さらに価値を高めていきましょう。  

まとめ

最後に、「あなたのお店をブランディング」でお伝えした事をまとめてみましょう。 ①誰に(Market)どんな価値を伝えたいか(Message)を考える ②伝えるべきルートは?(Media)SNSからの自社サイトへの誘導 ③信頼度を上げるには「顔出し」「実名」アピール、客観性を持たせる事 以上の事を丁寧に作っていけば、確実にあなたのお店の価値や信頼度は上がります。 理想のお客様に一人でも多くご来店いただく為に、スタッフ全員で魅力的な自社サイトを作り上げていきましょう。   参考書籍:脱・職人経営 鈴木 和敏著   関連記事 あなたのお店をブランディング① 理想のお客様に価値を届けよう! あなたのお店をブランディング②紹介、SNS、自社サイトを戦略的に活用しよう