経営お役立ちPick

情報がありすぎる集客ツール。サイトやSNS活用に必要なこととは?

ポータルサイトやSNSなど、次々と新しいサービスがでていて、どのサービスが集客に有効なのか迷ってしまっています。また、サービスを決めて有料プランを利用していても、効果が感じられないこともあるでしょう。集客に必要なサービスを見極めるためには、どんなことに気をつけたらいいのでしょうか。

ターゲットが集まる場所を選ぼう

「どんな美容室なのか。」、「どんなスタイルにしてもらえるのか。」を、お客さまが一番把握しやすいのが写真です。   写真を活用できるサイトを探してみると、本当にたくさんのポータルサイトやSNSが存在します。   また、「◯◯を活用して集客できました!」といった書籍やメディアもたくさんあり、どれが本当に有効なのかわかりません。調べれば調べるほど、情報がありすぎる状況なのです。   そこで、どのサイトを使うにしても明確にしておかなければいけないことがあります。   それが、あなたのターゲットです。   人が集まりやすいサイトだからと投稿しても、あなたのターゲットがいなければ、集客できません。   まずは、あなたのターゲットを明確に、よりリアルに考えてください。そうすることで、どんな場所があなたの集客にとって必要なのかが見えてきます。

ポイントはお客さまの心をつかむ名前

あなたにとって必要な場所が見つかったら、写真やカットなどのメニューを掲載していきますが、このときに大事なポイントがあります。   それは、メニューの名前です。   例えば、カラーを「カラー」とそのまま掲載しても、お客さまには、あなたがどんな風にカラーをしてくれて綺麗な状態になるのかがわかりません。   もちろん、写真を掲載しますから、ある程度はわかるでしょう。しかし、写真を見てもらいあなたの美容室を選んでもらうためには、メニューの名前がとても重要になります。   名前を決めるときも、ターゲットをリアルに設定しましょう。そうすることで、お客さまの心をつかむ名前をつけられます。   リアルに設定するときのコツは、お客さまの悩みを想像することです。   例えば 30歳、独身で仕事にやりがいをもった女性。髪の痛みが気になるので、髪のダメージ補修と小顔に見えるヘアスタイルでイメチェンしたい。   といったように、具体的に設定してみましょう。名前を決めると、よりリアルにお客さまを想像できますから、効果的です。

使い方を知って効果を高くしよう

「集客に有効」という情報がありすぎて、どれをどう使っていいのか、悩みはつきないことでしょう。有料や無料など、どれを使うか決めるためにも、まずはあなたのターゲットを明確に。   1番は、あなたのターゲットが集まりやすい場所を見つけることを覚えておいてください。そして、場所が見つかったら、お客さまの心をつかむメニューの名前をつけるようにしましょう。   ポータルサイトやSNSを効果的に使うためにも、基本的なことをおさえて、集客に活用してください。 参考書籍:NO LIMIT(鈴木淳也、大河内隆広、西川礼一)『サロン成長戦略会議』株式会社髪書房,2017年