経営お役立ちPick

求人を出すだけではダメ!人が集まるお店の秘密を真似してみよう

求人をしたいとき、あなたはどのようなことをしていますか?少子高齢化の時代である今、お客さまだけではなくスタッフも集まりにくい時代です。今までのように、求人広告を出すだけで終わっていては、人は集まりません。求人に応募がくるためには、どのようなことをしたらいいのでしょうか。

まずは自分のことを見直そう

応募をしようか検討している人は、求人に応募する前に何をするでしょうか?大抵の場合お店のwebサイトやSNSをチェックする人が多いでしょう。つまり、人が来るかどうかに、発信内容が大きく影響することになります。   集客の場合、お客さまにお店のことを知っていただくために、おすすめのヘアスタイルや商品など、webサイトやSNSなどをフル活用しているでしょう。   求人の場合もお客さまのときと同じように、「このお店で働きたい。」と感じてもらえる発信が必要になります。つまり、発信しているお店の様子や店長の言動は、人が集まるかどうかに大きく影響しているのです。   そのため、あまりにも個人的な内容を発信することは、人を集まりにくくする印象を与えかねません。人が集まってくるお店にするためにも、まずは日頃の自分の言動や発信内容を見直すことからはじめてください。

求人がくるお店がしている秘密

求人をする前に、自分の言動を見直すことができたら、次に人が集まるために、さらに行動する必要があります。と言っても、求人が必要になってからお金を出して広告を出せば、急に人がくることはありません。日頃からの準備が重要になってくるのです。   では、広告を出していないにもかかわらず人が集まっているお店は、どのようなことをしているのでしょうか。   例えば、美容学校の先生に求人が必要なときだけ会いに行っても、信用してもらえません。   そこで、定期的に挨拶をするようにしたり、お店の状況を伝えたりすることで、学校の先生との信頼関係を築けるようにしているのです。そうすることで、小規模店舗であっても、先生から安心して生徒を紹介してもらえる可能性が高くなります。   他にも人が集まるお店の店長がやっていることが、スタッフの方に尊敬してもらえるような言動です。   スタッフの方に尊敬されることで、口コミで評判が広がります。お店の理念をきちんと理解しているスタッフの方の説明であれば、あなたが求めているスタッフが集まりやすい可能性も高くなるのです。   このように、人が集まるお店は、日頃からコツコツと努力を重ねています。

求人も集客も基本は同じ

人が集まるお店にするためには、日頃からの言動を見直し、発信内容や美容学校などへのアプローチ、そして、スタッフの方に尊敬されているかが大事なことをお伝えしました。   あなたが求めている人材にあなたのお店の情報が届くためにも、まずは日頃の発信内容の見直しを心がけてください。 参考書籍:NO LIMIT(鈴木淳也、大河内隆広、西川礼一)『サロン成長戦略会議』株式会社髪書房,2017年