マネジメント 経営お役立ちPick

小さなお店でも理念は必要!想いを共有し最高のお店を実現しよう

経営に必要なことはいろいろありますが、その中でも「想いを共有すること」は経営においてとても大きな影響が出てきます。この想いを共有するために必要になるのが、理念です。「小規模店舗で理念が必要なの?」と感じている方へ、理念の必要性と効果についてお伝えします。

小さなお店でも理念は大事!

あなたと家族または、スタッフの方がもう1人いるくらい小さなお店の場合、理念の必要性を感じにくいかもしれません。   なぜなら、「近くにいるから考えていることくらいわかるだろう。」と考えているから。   しかし、人は、言葉や形にすることで、想いを共有できます。想いを共有することこそ、経営において重要なのです。そのためにも、どんなに小さなお店であっても、理念が必要になります。   「突然、理念と言われてもわからない。」 と感じる方もいるでしょう。   まずは、あなたがどうしてお店をオープンしようと思ったのかを考えてみてください。表面的な理由が思い浮かんだら、そこから徐々に深掘りしていきます。深掘りすることで、あなたがお店をオープンしたいと考えた本当の理由が見えてきます。   時間はかかるかもしれませんが、ゆっくり焦らず向き合ってみてください。

想いを共有することで実現すること

お店の大きさにかかわらず、理念が必要なことがわかったのではないでしょうか。理念ができたところで、お店全体で共有するとどういうことが起きるかご存知でしょうか?   人は顔も違えば、考えも感じ方も違います。しかし、理念をしっかりと共有することで、お店全体で進みたい方向を目指せます。   同じ方向を向ければ、トラブルなどさまざまな問題が起きたとき、どのスタッフの方も同じ対応ができやすくなるのです。特に、2店舗目の出店を考えていれば、なおさら想いを共有し、進むべき方向を把握していることは重要となります。   逆に、想いを共有できれば、店舗が増えていったとしても同じようなサービスや対応を実現しやすくなるのです。

お店全体で成長するために

より良いお店作りのためには、お店の大きさにかかわらず理念が大事なことがおわかりいただけたのではないでしょうか。   自分の想いを形にして伝えることは、少し照れくさいような、言わなくてもわかってくれるような、そんな気持ちがするかもしれません。しかし、想いはきちんと言葉にしないと伝わりません。   より良いお店を作り、そして、将来2店舗目を目指すためにも、自分としっかり向き合い、理念を作ってください。 参考書籍:NO LIMIT(鈴木淳也、大河内隆広、西川礼一)『サロン成長戦略会議』株式会社髪書房,2017年