来店回数増加 経営お役立ちPick

コンセプトと柔軟な発想で真似できない世界に一つだけの存在になろう

前回は、ファン・コミュニティを維持していくために必要な二つの方法についてご紹介しました。 ひとつ目は、すべての業務を洗い出し、複雑化された業務のスリム化を図ることです。 このことが、あなたのお店の強みを洗練することになるからです。 ふたつ目は、時代の変化に合わせて継続的な変化を続けていくことです。 コンセプトを軸にした変化で時代に取り残されないお店作りをしていきましょう。 今回は、これからの美容業界における可能性についてご紹介したいと思います。  

経営もクリエイティブ!唯一無二の価値は背景と理由付けにあり!

経営者の皆様は、今までに数々のクリエイティブ作品に関わってこられたことでしょう。 自由に自分が表現したいヘアスタイルやメイクを表現するクリエイティブ作品は、コピーにならずに今までにない価値を作り出さなければなりません。 このことが「クリエイティブ」の意味だと考えると、経営の視点からも同じことが言えるのです。 メニュー開発からDMの1枚1枚、それにホームページまで、他にはない価値の追求こそが「クリエイティブ」です。 しかし、クリエイティブには背景と理由が必ず存在しています。 例えばハイブランドの新作発表。 どうして今季はこのラインでいくのか、背景と理由、デザイナーのメッセージがきちんと存在しているからこそ流行するのです。 逆に言えば、それがなければただの趣味に終わってしまいます。 経営も同じ、どうしてこの営業スタイルなのか、内装なのか、背景と理由、メッセージが込められているところに唯一無二の価値があるのです。  

これからの美容業の可能性とは

2015年時点で、美容室は約24万軒存在しています。 街を歩けば、美容室が隣接している光景も見られ、オーバーストアと言われているのが現状です。 それでも、今までにない価値のある美容室を作れば、生き残ることは決して難しくはないでしょう。 それだけではなく、美容業の新しい可能性も見つけられるかもしれません。 お客様が予約してお店に足を運んでくださる美容業は、その世界観がダイレクトに伝わります。 そしてお客様に感じていただいた喜びも、すぐに感じ取ることができます。 これは、実店舗のないウェブビジネスと比べてみると、とてもうらやましい側面ではないでしょうか。 コンセプトはきちんと守りつつ新たな挑戦をすることで、美容の枠を取り外し、新たな業態を作っていける可能性もあるのです。 また、異業種であれば新たな業態を展開したときに必要なアピールも、リピートしてくださるお客様のおかげで必要なくなるという側面も持っています。 ファンの皆様が紹介で新たなお客様を呼んでくださり、また新たなファンが生まれる、大きな可能性を秘めた業種なのです。  

まとめ

集客難、求人難、オーバーストアなど、美容業界を取り巻く環境には暗いイメージが付きまとっています。 しかし、他のお店には真似できない、唯一無二のあなたのお店だけのコンセプト作りと、コンセプトからブレることのない経営方針があることで、あなたのお店でなければいけないというファンが生まれるでしょう。 人と人のつながりを大切にし、強みを生かした経営をすることで、新たな可能性に気づけるチャンスにも巡り会えるかもしれません。 あなたのお店にしかないコンセプトと柔軟な発想で、美容業の新たな価値作りを目指してみてください。     参考書籍:1年先まで予約が入る奇跡のサロン 石井 孝治 著   関連記事: ファン・コミュニティを維持してお客様を放さないお店づくりをしよう ファン・コミュニティの誕生がお客様との新たな関係性を生みだす秘策