来店回数増加 経営お役立ちPick

原点を極めて愛されるお店へ!技術力とデザイン力を向上しよう

お店にきていただくお客さまが増えるためには、お客さまが「また来たい。」と感じるお店であることが必要になります。今回は、小規模店舗でもできる、お客さまに愛されるお店になるために必要なことをお伝えします。

技術力とデザイン力アップを目指そう

新規のお客さまが増えてきたら、次に気になることがお客さまに再来店していただくための方法でしょう。しかし、小規模のお店の場合、いろんなイベントやサービスをするにも限界があるのではないでしょうか。   また、お客さまがさまざまなイベントやサービスで来店してくださったとしても、「また来たい。」という本当の理由にはなりません。   「また来たい。」という本当の理由。それは、スタッフの方の技術やデザイン力が影響します。つまり、美容師としての最低限必要なスキルでありながら、このスキルが高いことはお客さまを惹きつける最大の理由となるのです。

自信を持つことも必要です

美容師として必要な技術力とデザイン力のスキルが高いことは、お客さまを惹きつける理由になることがわかりました。しかし、いくら高いスキルを持っていたとしても、スタッフの方が自分に自信がない場合、お客さまの信頼を得ることはできません。   横柄になってはいけませんが、必要以上に自分を謙遜しすぎることは、かえってお客さまにマイナスのイメージを与えてしまうのです。スタッフの方が仕事に自信を持ち、お客さまからの要望に応えられるようになるためにも、美容師として必要なスキルを身につけられるように指導することが必要になります。   また、自信を持つことと同じように、接客や身だしなみなどにも気をつけなければいけません。こちらは、美容師としてというよりも、社会人として必要なスキルです。   スタッフの方が自分に自信を持てるようになるためにも、美容師としてのスキルや社会人としてのスキルを身につける必要があります。

原点回帰で愛されるお店へ

お客さまが「また来たい。」と感じるお店になるためには、スタッフの方が美容師としての原点である技術力とデザイン力を身につけることが必要です。また、スタッフの方が自分に自信を持つことで、お客さまからの信頼も得られ、さらに再来店へと繋がりやすくなります。   いろんなサービスやイベントも1つの方法ではありますが、スタッフの方が原点を極めることで、お客さまから選ばれ愛されるお店を実現できます。 参考書籍:佐藤 康弘『美容室「幹部」の教科書』同文舘出版,2017年