マネジメント 経営お役立ちPick

個人ではなくチームで!売上を上げるための過程に目を向けよう

お店の経営を安定させるためにも、売上を上げることはとても大切なことです。しかし、「どんな方法でもいいから売上をあげればいい」と考えていると、安定した経営をすることは難しくなります。では、経営を安定させるためには、どのようにして売上を上げればいいのでしょうか。

売上を上げる方法が大切な理由

Photo by rawpixel on Unsplash

お店を経営していく上で、売上を上げることはとても大切です。そして、売上を上げる方法はいろいろあります。   では、ここで質問です。   特定の個人で売上が上がった場合と、お店全体で売上が上がった場合、どちらがお店にとって効果的なのでしょうか。   個人で売上を上げた場合、そのスタッフの方が独立や家庭の事情などで退職してしまうと、お店の売上に大きく影響してしまいます。つまり、お店の経営に直結してしまい、安定した経営が難しい状況になると言えるでしょう。   しかし、お店全体でチームとして売上を上げるために取り組んだ場合、退職だけではなく急な休みが入ったとしても、変わらず売上を上げることができます。このように、売上を上げお店の経営を安定させるためには、チームで取り組むことが大切なことがわかるでしょう。

チームで働きやすさと接客を向上

チームで取り組んで売上を上げることは、経営が安定するだけではありません。他にもプラスになる効果があるのです。   それが、スタッフの方の働きやすさです。チームで取り組むことは、スタッフの方で情報を共有し力を合わせる必要があります。一見大変そうに見えますが、大きな効果があります。   例えば、子供が熱を出したためスタッフの方が急に仕事を休まなければいけないときを考えてみましょう。   チームで対応していれば、今までのお客さまの情報がわかりますので、他のスタッフの方でも同じようにサービスを提供できます。そのため、お客さまからキャンセルされる確率も格段に減るでしょう。   しかし、個人で対応している場合は、お客さまの対応が難しい確率が高くなりますので、キャンセルにもつながりやすくなります。また、チームで対応していることは、お客さまの接客においても、大きな変動がなく同じようにサービスを提供できるのです。   このようにスタッフの方の働きやすさが、お客さまへのサービス向上にも繋がります。

実現したい未来に向かって

個人で売上を上げるよりも、チームになって売上をあげた方が、結果的に働きやすさやお客さまへのサービス向上など、プラスになることが多いことがわかりました。   単純に売上の数字を求めるのではなく、その先の実現したい未来を目標に売上を上げる方法を考えてみてください。 参考書籍:佐藤 康弘『美容室「幹部」の教科書』同文舘出版,2017年